低炭水化物ダイエット 管理人の独り言

サイト「低炭水化物ダイエット」管理人の独り言。サイト管理(SEO、アフィリエイト含む)に関する話題、ダイエットネタ、その他を(低炭水化物ダイエットに無理矢理関連付けて)紹介。

このブログは移動しました。

炭水化物ダイエット(メインサイト)

スポンサード リンク

本当?: 魚食べると肝がんリスク低下か=不飽和脂肪酸の効果―がんセンター

青魚を食べると肝臓がんになりにくくなるらしいという話が出てきているようです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120607-00000073-jij-soci

エイコサペンタエン酸(EPA)やドコサヘキサエン酸(DHA)などのn―3不飽和脂肪酸を豊富に含む魚をよく食べる人は、ほとんど食べない人に比べ、肝がんを発症するリスクが0.64倍に下がることが7日、国立がん研究センターの調査で分かった。米国の消化器病学会誌に発表した。

続きを読む »

スポンサーサイト



やり過ぎ?: NY市、炭酸飲料の大量販売規制へ

以前、デンマークで脂肪税が導入されるという話がありましたが、肥満大国アメリカのニューヨーク市でも清涼飲料に規制を加えようとする動きがあるようです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120601-00000001-wsj-int

米ニューヨーク市のブルームバーグ市長は、レストランなどでの炭酸、甘味飲料の大量販売を規制する計画だ。飲料業界は強く反発しており、同市長は市を「過保護国家」にしようとしている、との批判が再燃しつつある。

市長の側近が5月30日夜に確認したところでは、市長は市の保健条例を修正して、レストランなどでカップやボトルで販売されるこうした飲料の容量の上限を16オンス(474ミリリットル)とする計画だ。市長は、これらの飲み物によって市民の肥満率が上昇していると主張しているという。

規制はレストラン、移動販売店、デリ、それに映画館やスタジアムなどの販売店が対象になる。16オンスはほとんどの炭酸飲料缶の容量より多いが、ほとんどのボトルよりは少ない。

市長の提案は6月12日に保健理事会に提出され、3カ月間意見を募ったあとに表決にかけられる。理事会メンバーは全員、市長が指名していることから、提案は承認されると見られている。

この提案はニューヨーク・タイムズとニューヨーク・ポストが30日夜に最初に報じた。

続きを読む »

人間では?: ホタルイカに脂肪肝改善効果…ラット実験で実証

蛍烏賊に脂肪肝の改善効果があることがラットでの実験で分ったそうです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120328-00000302-yomidr-sci

「富山湾の神秘」とも呼ばれるホタルイカに脂肪肝を改善する効果があることを、富山短大食物栄養学科の竹内弘幸准教授(47)らの研究グループが動物実験で初めて実証した。

イカにはコレステロール値を下げる作用のあるタウリンが多く含まれていることが、これまでにわかっている。竹内准教授らは、本県特産のホタルイカにも同様の作用があるとみて昨年4月に研究を始めた。

続きを読む »

肥満対策に?: 「満腹感」詳細な解明に期待=脳中枢にブドウ糖など影響―自治医科大

私はついつい食べ過ぎて困っています。ですが、そんな私にとって朗報とも言える研究結果が公表されました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120324-00000074-jij-soci

ごはんやパンなどの炭水化物を食べたとき、血液中で増えたブドウ糖とインスリンが脳に満腹感をもたらす仕組みの一部が解明された。自治医科大の矢田俊彦教授(生理学)とモンゴル人の同大学院生ダラムバザー・ガンツルガさんらが24日、米科学誌バイオケミカル・アンド・バイオフィジカル・リサーチ・コミュニケーションズ電子版に発表した。

今後、たんぱく質のアミノ酸や脂質が満腹感にどう影響するかや、食事を取るタイミングによる満腹感の違いも明らかになれば、過食などの摂食障害や糖尿病の原因になる肥満をより効果的に治療できるという。

続きを読む »

やっぱり遺伝?: <肥満リスク>高脂肪食と遺伝子欠損で 京大教授ら発表

遺伝子にある欠陥があると、高脂肪食で肥満になりやすくなるということが判明したそうです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120220-00000005-mai-soci

特定の遺伝子が損なわれると、脂肪のとりすぎによる肥満リスクが高まることを京都大の辻本豪三教授(ゲノム創薬科学)らが突き止めた。遺伝的に太りやすい人の診断や、肥満予防薬の開発につながるという。20日付の英国の科学誌ネイチャー電子版に発表した。

「GPR120」という遺伝子が、食べ物に含まれる脂肪酸を感知して、インスリン分泌を促したり、食欲を抑えたりする働きに関係することが既に知られている。

研究グループはこの遺伝子を壊したマウスと通常のマウスそれぞれ数十匹ずつに低脂肪(13%)と、高脂肪(60%)の2種類の餌を与え、16週間飼育して比較した。

続きを読む »

金持ちに…: <国民健康・栄養調査>女性の肥満、所得で差 200万円未満25%、600万円以上13%--厚労省10年

所得が低いほど肥満である割合が高いという話がありました。

所得が比較的低い人ほど喫煙率が高く、女性は肥満の割合が高い傾向がみられることが厚生労働省が10年に実施した国民健康・栄養調査で分かった。国が所得水準と生活習慣との関連について調査したのは初めて。【佐々木洋】

続きを読む »

スポンサード リンク

 | HOME |  »

検索


プロフィール

miracle20

Author:miracle20
上の桜は、三春滝桜
以下のサイトを運営中
低炭水化物ダイエット
低炭水化物ダイエットQ&A
メタボリックシンドローム対策
簡単手軽に視力回復
時事ネタ中心のサテライトブログ
只今、ブログ(ランダム)ウォッチング中
(基本的にコメントやトラックバックは歓迎しますが、記事内容と関係ないコメントやトラックバックは削除するだけでなくスパムとして通報することがあります。)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

WebARENA SuiteX GMOとくとくBB「月額556円~のフレッツ光」 エルセーヌ 一戸建てHomePLAZA WADAXの専用サーバー WADAX Cariruno リフォームO-uccino お名前.comのVPS CsideNet AGA治療 株式会社ゼミネット コンタクトレンズ 格安ホームページ制作 ロリポップ! リモートデスクトップ シーズ・インターナショナル・カレッジ グリーンピアッシング

月別アーカイブ

免責事項・プライバシーポリシー